スポンサーサイト

-------- | --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新アニメ 鬼と歩く~three days moon~ op「鬼守」

2009-06-07 | 23:10

このままでは更新がないので前書いた詩をば
そういえばARURUKANシリーズは乗せたんだっけ?(それも使おうか(ぁ


新アニメ 鬼と歩く~three days moon~
op「鬼守」

無垢なる少年は気づかぬうちに覚醒を遂げる
右手には人の手を 左手には人の顔を その身には鮮血を
染め上がる ソメアガル ただ紅く ただ……
嗚呼 瞳の奥で静かに揺れ示していた狂気の光に君は気づいたか
いつのまにか飼いならして支配されて喰い破られて
無知であることが罪だというのなら いつか与えられる罰
手に取った力は過去の異物 ただ嘆きを齎す
消して癒えることのない 傷を背負えるか 少年よ
「それでもいい……」と 欲するのならくれてもらえるだろう
大切な何かを守って いざ地獄へ舞い行け

枷を打ち壊した少年は 己を思い知る
左足には友の首を 右足には親の頭を 一身に浴びた悲鳴を
皆殺し ミナゴロシ ただ笑って ただ……
嗚呼 深く眠りについた痛みはとうに忘れたか
当然になった殺戮に何も厭わず
染み込んだ紅い雫は黒く成果て 心は錆付き崩れた
受け継がれた忌わしき力は 理性を木っ端微塵に轢き千切る
抗うことに意味はない 既に手遅れだ 少年よ
「それでもよかった……」と 涙を流すことが出来るのか
大切な何かの変わりに あの世へ飛び逝け

瞳のない少年は 両手を広げて立ち尽くす

嗚呼 もう少年は死んでいる

大切な何かを守って



分かっているとは思いますが、こんなアニメやりませんからね(ぁ
嘘ですよ、嘘
    



後、車で事故しました

泣きたい

立ち直るのに時間がほしいです

ノシ
スポンサーサイト

Theme : 詩・想
Genre : 小説・文学

「願い唄」

2008-07-16 | 22:02

いつからか歩くことさえ 億劫になってしまったんだろ
誰もがあるかけなしの 勇気はゴミ箱に投げてしまったし
そして 迎える朝は 後悔だけが残る
うなだれた頭で 誰を見ているんだろ
手渡された仮面では 何も見えてはこない
剥がそうとしても 震えてる 動けない
光にだけ触れ闇から逃れる人生なんてない
「自分だけ」なんて思うな そんな一人よがり
孤独になってしまった時 「誰かと同じ事してればいい」
そんな馬鹿げたことを言う奴がいる
それで 本当に 満足出来てるのかい?
どこかでドアを叩く音 耳に一つも入らないのかい?


歩幅を合わせて 誰かの後にだけくっついて
影の中に隠れては 光を見つめるだけ
いつになっても 脅えてる 否定されること
誰かに言われたから 手に持つ物を落す必要はない
どれが輝くかなんて 自分次第 目を背けるな
磨く前の原石でもいい 最後の朽ち果てるその一秒前まで
どんな姿になるか見つめる義務がある
どれだけ 傷だらけになってしまっても
残るのが一粒のダイヤモンドなら 今を越えられるだろう


子どものころから この場所で待ってたんだ
初めて君に 僕は出会えたんだ
涙の数だけ 人は強くなれるのに
泣く事さえ 僕は忘れていた
だからこそ 喋れるんだ ここで
僕が帰って来れると 信じてくれてたんだ
自分の本音を ようやく耳に出来た

もう迷わない

何かに立ち向かう 恐怖超えた この手 この足で
捨てられたゴミくずの中から拾い上げろ 生きている証明
今更とか言わずに飛び出そう 見知らぬ道でしか見えない物がある
そして いつの日にか 壊してしまった自分らしさ
もう一度 芽吹かさせるため

お題で書いた詩

2008-06-02 | 23:21

以前あった「狂」が題の詩
続きにて公開しま

大分とち狂った内容に(’
意外とサビの部分はお気に入り

その前にコメ返信
ケリ
だって精霊の話した記憶なし(’ぁ



それじゃ
読んでくれる人だけどーぞ

[お題で書いた詩]...Read more

2007-10-16 | 23:30

一歩、踏み出した「勇気」
二歩、諦めず歩いた「証」
三歩、大きく手を上げて笑おうよ
君の「夢」が叶う瞬間


みんな座り込んでるスタートライン
誰もが立ったり座ったりを繰り返してる
大切な一歩が中々出てくれない
動けない 動かない 足が言うこときいてくれない
言葉だけ飾ってみての現実逃避
頭で分かってるだけじゃ意味がない
本気(マジ)になって思わないと変わらない

一歩、飛び出した「光」
二歩、挫折したくなった「闇」
三歩、それでも進めたなら
君の「思い」が本気だったってこと


今まで抱えてきたモノが
歩き出したら落としてしまいそうで
自分を守るために何かを犠牲にしてる
動けない 動きたくない このままでいたい
それが正しいと思い込んだ過去第一主義者
でもそれは「過去」に囚われた「亡霊」
まだ間に合うよ さぁ、闇から出て

一歩、動いて落とした「死」
二歩、初めて分かった「生」
三歩、両方あることが分かったら
きっと大切な「今」がある


初めてかもしれない
何回かあったかもしれない
初めて見たかもしれない
二度目だったりするかもしれない
どれもこれもが
自分の目で見たもの
自分の決めたことだから
初めて、それが光って見える


一歩、踏み出した「勇気」
二歩、諦めず歩いた「証」
三歩、大きく手を上げて笑おうよ
君の「夢」が叶う瞬間

[歩]...Read more

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。